2014年08月03日

そうだ、京都行こう B

松尾大社を経て京都の町へ!!

祇園四条の大通りは混みあっているけどちょっと離れて路地に入ると
京都っぽい。


CIMG0401.JPG

CIMG0403.JPG

CIMG0362.JPG


先斗町(ぽんとちょう)。
鴨川です。
CIMG0349.JPG

祇園祭のせいなのか、京都は浴衣を着ている人がやたら多かった。


京都の風物詩。
夜になるとこんな感じで賑わいます。
鴨川沿いはカップルだらけ。
CIMG0377.JPG


せっかく来たし・・・ね、ここは床料理♪
CIMG0373.JPG

CIMG0369.JPG
京懐石のお弁当。
風情を楽しみましょビール




二日目
知恩院和順会館
CIMG0394.JPG




設備も接待もホテル並み。
とてもお寺とは思えない。

でも、やっぱりお寺。

仏像の部屋があり、
生まれて初めて「写経」を体験させていただきました。

知恩院は浄土宗なので般若心経はあまり唱えないそうです。
私が書いたのは「一枚起請文」というもので
南無阿弥陀仏とさえ唱えていれば往生できる・・・????
という内容だったような気がする。


朝は4時半に館内放送が入り、朝のお勤めへ・・・!

すでにご近所さん?がお経を唱えていました。
8人ほどのお坊さんが入ってこられ、朝のお経開始です。

この日はイベントがあり
中国の二胡の演奏がありました。
姜 暁艶(ジャン ショウイェン)という女性で命の大切さを語っていただきました。
(中国に居た頃は看護師だったらしいです)

仏様の前でこんなに演奏していいのかしらん・・・とも思ったのですが、
お経も大演奏、大合唱だよね。
ポコポコポコポコ叩いたり、シンバル鳴らして、チ〜〜〜ン、次は鈴・・・。
次から次へとお経の波が・・・、誰が指揮とってるのかなーと思うくらい。
CIMG0381.JPG

足が崩せて良かったです。




下鴨神社と貴船へ。

叡山電鉄で出町柳駅に降り、河童橋を渡ったところに
「ふたば」という
それはそれは、ぐふっ、言えない。
CIMG0449.JPG


そして。
下鴨神社の中には鴨の氷室の氷を夏まで保存した、という
それはそれは、ぐふっ、やっぱ言えない。
CIMG0413.JPG



貴船でーす。
ここも床料理が堪能でき、風情があり、涼しいです。
CIMG0417.JPG



中に入るとこんな感じ。
見るからに涼しそうでしょ。本当に涼しいの。
梨汁・・・じゃない、イオンシャワーぷしゅーーーー!!!
CIMG0435.JPG

京懐石に鮎の塩焼き、湯葉のお茶漬け。ぐふっ。
CIMG0446.JPG

CIMG0450.JPG




川までもこんな距離。
お昼寝サイコー!  ・・・できないけど。
CIMG0451.JPG




終わってしまった。

夏の京都。







ただいま。
CIMG0486.JPG

・・・・・・・・おかえり。
        
posted by luceママ at 21:12| 東京 ☀| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。